物理部会について

東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 物理部会(物理学教室)は、31名のスタッフから構成されており、約100名の大学院生と20数名の研究生・研究員(学術振興会特別研究員を含む)が在籍しています(平成23年4月1日現在)。 各教官は、研究者としての活発な活動のかたわら、前期課程の教育、及び、大学院総合文化研究科広域科学専攻、あるいは同理学系研究科物理学専攻の院生の研究指導の任にあたっています。

当教室の特徴は、異なる研究グループ間、または、教官・院生間の無用の垣根を作らず、学問上の広範な問題について日常的に盛んな議論が対等に行われていることでしょう。これは教室創成時からの伝統であり、この開放的で自由な雰囲気は、 当教室の活発な研究活動の原動力の一つとなっています。

各研究グループの活動は物理学の広い範囲をカバーしており、各メンバーは、それぞれの専門分野で国際的にも指導的立場で活躍しています。具体的な研究内容は,各研究室の紹介をご参照下さい.